観察データ

観察データの使い方

前十勝岳

180315
日付と場所
投稿者 Observer A.I
観察日付 Observation At 180315
投稿日時 Posted At 180315 20:33
エリア Range 十勝岳 Tokachi-dake
山岳 Mountain 前十勝岳
場所 Location 前十勝岳BC
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1007m〜1280m
気温 Temp. 9.0(1245hrs / 1007m) 〜
天気 Sky OVC 雲量10(標高 1600mより上は 雲がかかっており、視界なし。それより下は クリア。)
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:NW
風コメント Wind Comments:標高1280mでは、風速 S 風向 SW
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:午後になって雨が降ってきた。
雪崩などの観察 Avalanche Observations 雪崩は観測なしだが、グライドクラックが切れ始めていた。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 標高1007から1280まで行動。最近の降雪 10cm程度が硬度KのMfcrの上に載る。この10cm程度の新雪は昇温の影響を受けてモイスト、表面はザラメへと変化。場所によっては水を含んだスポンジのような状態。スキーカットなどでの反応はなし。
Spin No
コメント Comments
動画URL Movie
総括

HSTの結合は悪くないが、急傾斜ではグライドクラックも入っており、注意が必要。また沢床でも穴が空いている場所もあり、行動には留意が必要。