観察データ

観察データの使い方

朝里岳

220117
日付と場所
投稿者 Observer 川田尚規
観察日付 Observation At 220117
投稿日時 Posted At 220117 23:54
エリア Range 札幌 Sapporo
山岳 Mountain 朝里岳
場所 Location 東斜面
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 640m〜1175m
気温 Temp. -7.7(1050hrs / 1175m) 〜 -5.9(1215hrs / 1030m)
天気 Sky BKN 雲量6-9()
風 Wind 風速 Wind Speed:M 8-11m/s
風向 Wind Direction:W
風コメント Wind Comments:
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S1
降水コメント Precip. Comments:強弱を繰り返す。
雪崩などの観察 Avalanche Observations BTLにてSaドライルースSize1複数。標高1000mの N斜面にてSaストームスラブSize1。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No Yes
積雪構造 Snowpack 昨夜のものと思われる低密度なHN10-20が密度の高い旧雪に載る。HNの深さは風の影響により多様性があり、風がよく抜けていた谷沿いのSE斜面では積雪の再配分によるスラブ化が見られた。PF50。標高990mにてHS300、MFcrまでは↓190。
Spin No
コメント Comments 風の影響の少ない斜面で行動。低密度なHNが人の刺激にしばしば反応した。
動画URL Movie
総括

昨日までのトラックは消えており、人のいない静かな山を楽しめました。