観察データ

観察データの使い方

霧ケ峰高原BC

220116
日付と場所
投稿者 Observer 鳥山 強
観察日付 Observation At 220116
投稿日時 Posted At 220116 18:15
エリア Range 中部その他 Chubu others
山岳 Mountain 霧ケ峰高原BC
場所 Location 沢渡
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1660m〜1836m
気温 Temp. -14.0(0900hrs / 1570m) 〜
天気 Sky CLR 雲量0(午後からSCT)
風 Wind 風速 Wind Speed:M 8-11m/s
風向 Wind Direction:SW
風コメント Wind Comments:稜線で飛雪L
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations Sc・S・サイズ1・東面・1810m 稜線の東面で、2日前までの荒天によるものと思われる雪庇崩落や面発生・サイズ1(写真)。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No Yes
積雪構造 Snowpack 220111からの荒天(前線通過とその後の冬型による強い西風・0112掲示板参照)により、車山の東面への雪の再配分が顕著。東・北面ともに雪面はルースな状態、積雪内に1F程度のスキー滑走を支える層があり、その下はグランドまで疎な状態(この観察は限定的)。
Spin No
コメント Comments 以前ビーナスラインを通行止めにした雪崩の発生区・写真(車山山頂から南寄りに伸びる尾根の東側)にはエプロン状に積雪が増えつつあり雪庇の崩落も確認された。
動画URL Movie
総括

雪庇の崩落や自然発生によりストレスが解消されたところもありますが、ターゲットでスキーカットして結果が出ています。低温傾向が続いていて、特に東の急斜面ではハザード要因は持続しているものと思われます。