観察データ

観察データの使い方

八方尾根

171221
日付と場所
投稿者 Observer 稲垣 力
観察日付 Observation At 171221
投稿日時 Posted At 171221 16:30
エリア Range 白馬 Hakuba
山岳 Mountain 八方尾根
場所 Location 八方池周辺
同行者 Co-worker 荒川智
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 900m〜2000m
気温 Temp. -6.1(0945hrs / 1680m) 〜 -5.0(1130hrs / 1945m)
天気 Sky BKN 雲量6-9(夕方にかけて徐々に晴れ間が広がる。)
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:NW
風コメント Wind Comments:稜線では時折強度M
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:午前中はS-1
雪崩などの観察 Avalanche Observations 真新しいもの無し。標高1800-1500mの北-北東斜面でスキーカットを複数回実施して結果無し。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 主に北斜面を行動。積雪表層~中層にかけては概ね焼結が進んでおり、強度を増している。稜線付近では積雪表面が風の影響でスラブ化している箇所がある。総積雪300cm@1945mの北東斜面
Spin No Yes(1152)
コメント Comments 同行者:荒川智。南向き斜面を滑走したパーティーによると高標高帯では融解凍結層の存在を感じない快適な滑走だったそうです。低標高帯では藪や地形の露出が多く、転倒に注意。
動画URL Movie
総括

ここ数日、白馬では快適な滑走ができる状況が続いています。