観察データ

観察データの使い方

白馬乗鞍岳

210120
日付と場所
投稿者 Observer 黒田 誠
観察日付 Observation At 210120
投稿日時 Posted At 210120 19:42
エリア Range 白馬 Hakuba
山岳 Mountain 白馬乗鞍岳
場所 Location 親沢周辺
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1000m〜1900m
気温 Temp. -10.3(1130hrs / 1550m) 〜 -7.5(1000hrs / 1900m)
天気 Sky FEW 雲量1-3(午前中は1600-1700mでVF(太陽が透ける程度の薄さ)。)
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:N
風コメント Wind Comments:標高の高いエリアでは終日N~Wの風で飛雪が激しく舞う。
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:VFの中ではS-1。
雪崩などの観察 Avalanche Observations 2500-2900mの東斜面でサイズ1.5−2.5の面発生雪崩が自然発生複数。1800m北向急斜面では、ターン毎にスラフが落ちる。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No Yes
積雪構造 Snowpack 0116MFcrは、100-120cm下に埋没している。昨日の風の影響で、風下側にはウインドスラブが形成され、低密度の雪に載っているが、人の刺激で反応することは無かった。標高を下げると、風の影響は無くなり、非常に密度の低い雪で表面は覆われる。VFのあった標高では、表面霜の形成が顕著。
Spin No
コメント Comments 森林帯では、沈降がすすんでいる。
動画URL Movie
総括

斜面の途中にグライドクラックが多数あるので、飛ぶか、飛べない人は何時でも止まれるスピードで。例年には無い場所に空いているので油断大敵。 沢の中にウインドスクープの大穴が複数ある。親沢流心にはまだ穴がある。