観察データ

観察データの使い方

白馬乗鞍岳

200329
日付と場所
投稿者 Observer 黒田 誠
観察日付 Observation At 200329
投稿日時 Posted At 200329 21:29
エリア Range 白馬 Hakuba
山岳 Mountain 白馬乗鞍岳
場所 Location 天狗原
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1650m〜2200m
気温 Temp. 0.8(1040hrs / 1830m) 〜 3.3(2150hrs / 1220m)
天気 Sky OVC 雲量10(ほとんどの時間で、高層と低層の雲の間に居た。)
風 Wind 風速 Wind Speed:C 0m/s
風向 Wind Direction:
風コメント Wind Comments:
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations 視界が開ける度にデブリが増える。1800m以上の全方位の急斜面でサイズ2.5までの面発生が自然発生、誘発ともに多数。人が流されたインシデントも。 比較的傾斜の緩いノールでもスキーカットで反応があった。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No Yes
積雪構造 Snowpack 濡れたザラメ、もしくは、再凍結し始めたクラストの上に、HST20~40cmが載る。HSTは綺麗な六花の形を残した降雪結晶がほとんど。昇温と日射のため,急速に沈降。上層の雲の影響で北面の積雪表面も濡れる。HSTとザラメの結合は極めて悪い。
Spin No
コメント Comments 春の暖かさに騙されて,油断すると痛い目に遭う日。リグループポイントは慎重に考えてもいいかも。
動画URL Movie
総括