観察データ

観察データの使い方

浅草岳

200307
日付と場所
投稿者 Observer 長井 淳
観察日付 Observation At 200307
投稿日時 Posted At 200307 17:31
エリア Range 上信越その他 Joshinetsu others
山岳 Mountain 浅草岳
場所 Location 前岳
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 490m〜1568m
気温 Temp. -4.0(0710hrs / 500m) 〜 -1.9(1145hrs / 1568m)
天気 Sky FEW 雲量1-3()
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:W
風コメント Wind Comments:ALP・TLはM,SW
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations 午後、BTL低標高帯,日照面の極端な急斜面にて湿雪点発生なだれsize1複数,
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 0305MFcrに0〜55cmのHSTが載り、多様性がある。 ALP・TLの稜線や支尾根は広範囲で積雪が削剥され、N-E向の沢地形やクロスローディングでHSTが堆積している。 TL稜線直下,40度程度のN向急斜面の滑走に反応無し。 N-E面は標高1000m程度までドライを保っていた。 TLのS斜面は融解が始まっており、標高1000m以下の風の影響を受けた地形意外では概ねストップ雪。
Spin No
コメント Comments ルート上のリボンが3m程度高いところにある。 広範囲で例年より積雪が少なく、例年通りの下山ルートバリエーションかとれない。 稜線・支尾根のN-E向に張り出した雪庇が比較的貧弱なので、踏み抜きや崩落に留意。
動画URL Movie
総括