観察データ

観察データの使い方

三峰山

200221
日付と場所
投稿者 Observer 藤井大志
観察日付 Observation At 200221
投稿日時 Posted At 200221 21:27
エリア Range 十勝岳 Tokachi-dake
山岳 Mountain 三峰山
場所 Location 北斜面
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 995m〜1495m
気温 Temp. -12.2(0830hrs / 1270m) 〜 -11.0(1550hrs / 1000m)
天気 Sky OVC 雲量10()
風 Wind 風速 Wind Speed:M 8-11m/s
風向 Wind Direction:SW
風コメント Wind Comments:
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S1
降水コメント Precip. Comments:S2の時間も有り降雪は断続的。
雪崩などの観察 Avalanche Observations Sa. DL. Sz1、走路10m。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No Yes
積雪構造 Snowpack HST50cm、PS30cm。ALPではWSLが地形に関係無く各所に点在し、硬度FのPPに載る。大きさは様々で厚みは10㎝~1m以上、硬度4F~1F。ハンドテストでWSLは急斜面でアクティブ。 シール歩行で硬度Pの旧雪と新雪との結合は悪く無い。
Spin No
コメント Comments 硬度P~Kの旧雪が露出する箇所は残るが、概ね隠れている。BTLはとても深い積雪。
動画URL Movie
総括

予想よりも深い積雪で、ドライパウダーの滑走を楽しんだ。 ALPでは滑走中に突然WSLが現れてスタックする事もあった。