観察データ

観察データの使い方

富良野西岳 Furanonishidake

200212
日付と場所
投稿者 Observer Jun Ishiguro 石黒 淳
観察日付 Observation At 200212
投稿日時 Posted At 200212 15:49
エリア Range 北海道その他 Hokkaido others
山岳 Mountain 富良野西岳 Furanonishidake
場所 Location 北斜面東斜面 N amd E face
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 350m〜1250m
気温 Temp. -2.7(1330hrs / 1250m) 〜 1.2(1350hrs / 900m)
天気 Sky OVC 雲量10()
風 Wind 風速 Wind Speed:M 8-11m/s
風向 Wind Direction:W
風コメント Wind Comments:
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S-1
降水コメント Precip. Comments:1330hrs- Nil
雪崩などの観察 Avalanche Observations なし スキーカットでも顕著な結果なし。 No obs avalanche Sc No result
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack N aspect Only top 5cm effected with rising temp. There are 4 of FC layers but no remarkable result. Big TG was between surface and 30-40cm. E aspect Totaly snowpack was nearly 0℃, no result of CT. Aroumd ridge wind slab (20-30cm) is reactive but no propagated. 北斜面では、昇温の影響は5cmまで。↓100cmまでに4つのFCをはさみ、雪温も冷たい状態で保たれている。CTで顕著な結果は出ない。積雪表面と↓30cmに大きな温度勾配がある。 東斜面では積雪層全体が雪温が高く、CTでも結果なし。 稜線付近は硬度1f程度のウィンドスラブかありスキーに反応するが伝播は少ない。
Spin No
コメント Comments
動画URL Movie
総括