観察データ

観察データの使い方

谷川岳

190407
日付と場所
投稿者 Observer 長井 淳
観察日付 Observation At 190407
投稿日時 Posted At 190407 19:28
エリア Range 谷川・かぐら Tanigawa/Kagura
山岳 Mountain 谷川岳
場所 Location 谷川岳
同行者 Co-worker 長井里奈
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 730m〜1963m
気温 Temp.
天気 Sky SCT 雲量4-5()
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:W
風コメント Wind Comments:
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations 標高1300m付近,NE向き急斜面にて、Sc,size1,湿雪点発生雪崩。 新しい雪崩ではないが、多数の沢状急斜面にて、デブリを確認。 稜線直下の風下沢状急斜面にて、クラウンを複数確認。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 風の影響を受けやすいAL〜TL支尾根周辺の雪面はザラメ化しており、風下では黄砂により汚れた雪もまだらに体積している。 また、昇温により、TL以下の沢状地形やBTLは厚みのあるウェットスノーで、サポートの弱い急斜面ではスキーカットにより、ウェットなルーズスノーが反応する。 樹林帯急斜面ではグライドクラックを多数確認。
Spin No
コメント Comments 風の影響を受けやすいALやTL支尾根周辺はターンが楽しめた。 風の影響を受けにくい地形や樹林帯では広い範囲でストップスノーだった。
動画URL Movie
総括