観察データ

観察データの使い方

阿弥陀岳

190403
日付と場所
投稿者 Observer 杉坂 勉
観察日付 Observation At 190403
投稿日時 Posted At 190403 18:18
エリア Range 八ヶ岳 Yatsugatake
山岳 Mountain 阿弥陀岳
場所 Location 南稜
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1620m〜2370m
気温 Temp. -12.7(0930hrs / 2370m) 〜 -10.8(0530hrs / 1620m)
天気 Sky SCT 雲量4-5(山頂付近はBKN)
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:NW
風コメント Wind Comments:2000m以下のBTLではほぼC
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:Nil なし
降水の強度 Precip. Rate:
降水コメント Precip. Comments:
雪崩などの観察 Avalanche Observations 行動した範囲では無し。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 日曜日のものと思われる降雪層(旧雪)の上にさらに最近の低密度な新雪が10cm〜20cmのる。FP20cm。 旧雪と新雪層の間には2〜3cmのMFcrがあり、MFcrの上と下にはこしもざらめが確認された。標高2000m以上の積雪表面には粒径6mm程の降雪結晶も見られた。 MFcrの上と下でCTEの反応が出るが、人の歩く刺激には反応無し。
Spin No
コメント Comments MFcrのCTEの反応は2300m付近の尾根上での限定的な観測。
動画URL Movie
総括

本日は低温ということもあり、八ヶ岳は真冬の様相に逆戻りしていた。