観察データ

観察データの使い方

石勝高原BC

190209
日付と場所
投稿者 Observer Jun Ishiguro 石黒 淳
観察日付 Observation At 190209
投稿日時 Posted At 190209 23:36
エリア Range 北海道その他 Hokkaido others
山岳 Mountain 石勝高原BC
場所 Location 石勝高原BC
同行者 Co-worker
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 700m〜1200m
気温 Temp. -11.4(1030hrs / 700m) 〜 -12.5(1330hrs / 700m)
天気 Sky BKN 雲量6-9()
風 Wind 風速 Wind Speed:L 1-7m/s
風向 Wind Direction:NW
風コメント Wind Comments:稜線上は強度M
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S-1
降水コメント Precip. Comments:降ったりやんだりの降雪、1400hrsより1時間ほどS3
雪崩などの観察 Avalanche Observations なし、スキーカットでの結果もなし
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No No
積雪構造 Snowpack 古いウィンドスラブ(硬度1f-P)の上に低密度な雪が15-20㎝ほど載る。境界面の結合はよい。北斜面では表面付近に厚さ3-10㎝硬度4f+のウィンドスラブがあり、滑走時に瓦くらいの大きさに割れるが下層がぶ厚い再結晶の層で雪崩につながる兆候はない。HSは200㎝ほどで笹がだいぶ埋まった。
Spin No
コメント Comments
動画URL Movie
総括

沢底は風が通り抜け、剥削されて積雪50㎝くらいのところがある。積雪層全体が再結晶しているので、ブリッジを踏み抜いて水没するので慎重に行動されたい。