観察データ

観察データの使い方

妙高山

180101
日付と場所
投稿者 Observer 中林寿之
観察日付 Observation At 180101
投稿日時 Posted At 180101 17:59
エリア Range 妙高・戸隠 Myoko/Togakushi
山岳 Mountain 妙高山
場所 Location 三田原山
同行者 Co-worker 酒井敬子
Avalanche Infomation
観察データ
標高 Elevation 1100m〜2300m
気温 Temp. -10.0(1120hrs / 2300m) 〜 -7.4(950hrs / 1900m)
天気 Sky X 不明(時折、薄日が射す。)
風 Wind 風速 Wind Speed:M 8-11m/s
風向 Wind Direction:W
風コメント Wind Comments:風速はLとMの強弱を繰り返す。
降水 Precipitation 降水の種類 Precip. Type:S 雪
降水の強度 Precip. Rate:S2
降水コメント Precip. Comments:あられが混じる。標高が下がるにつれ粒径は大きくなる。
雪崩などの観察 Avalanche Observations スキーカットにて乾雪点発生雪崩Size1。
雪崩発生有無 Avalanche Activities_Yes or No Yes
積雪構造 Snowpack 今回のストームでの積雪は20cm程、あられが混じる。フットペン50cm。風の影響のない所では積雪表面層はルース。風の影響のある所では硬度4Fのソフトなウインドスラブが最大15cm厚を形成。その下には硬度Fの層が3cm厚である。積雪表面層と下層との結合は良くはないがスラブの結束性は弱い。 標高1400m付近より下に行くにつれ含水量が上がる。
Spin No
コメント Comments
動画URL Movie
総括