妙高 Myoko

210117 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ストームスラブ Storm slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(1月16日)は、標高が低い場所で、降雨の影響による全層雪崩、size 1が観察されています。また、午前の降雪で形成したスラブによる雪崩、size 1が人的な刺激で発生していました。

積雪 Snowpack

昨日(1月16日)、概ね標高1,00m以下では、早朝、降雨となっていましたが、その後、強い降雪となりました。降雪は、妙高山域の西~北側で多くなり、森林帯上部で30-40cm程度となりました。午後には北西~北の風が入ることでスラブの形成が進み、人的な刺激にも反応しています。

天候 Weather

気象庁は新潟県上越地方に対し、北西の風、後、北の風、雪、最高気温1℃(標高13m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1310m)にて気温-8℃(5時現在)、過去24時間の降雪14cm、過去12時間での降雪はありません。

行動への助言

特定の地形で雪崩コンディションが高い日です。標高が低い、あるいは日射の影響がある斜面では、融解凍結した斜面の上に、昨日の降雪が載っています。また、尾根筋や標高の高い場所では、以前の強風で吹き払われた斜面に、昨日の降雪が載っています。特徴の異なる旧雪面に新雪が載っていますので、その境界面の結合状態に注意を払ってください。積雪を支えにくい凸状地形や、下方に「地形の罠」のある場所を避け、シンプルな斜面を探してください。標高の低い場所では、昨日の降雨の影響でグライドクラックが大きくなっていますので、ご注意を。