妙高 Myoko

210106 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ストームスラブ Storm slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日は真新しい雪崩の発生報告は入っていません。

積雪 Snowpack

森林帯の標高が低い場所では、昨日の昇温もあり、積雪表層は沈降を進め、荒天の雪の不安定性は解消しています。やや標高が高いところでは、降雪強度と風が弱い状態が続いていますが、顕著な脆弱性は観察されていません。積雪は上層から下層に向かって硬度を上げる構造となっており、底支えのある良い滑走感となっています。一方、高い標高では積雪表層の雪を動かすには十分な風が吹いており、アルパインを中心に風下側に形成したウインドスラブに注意すべき状況にあります。

天候 Weather

気象庁は上越地方に対し、北の風、やや強く、後、南西の風、やや強く、雪か雨、昼過ぎから、くもり、最高気温4℃(標高13m)を予報。妙高笹ヶ峰(標高1310m)にて、気温-6℃(5時現在)、過去12時間で新たな降雪はありません。

行動への助言

標高を上げる方または風の影響が強くでる場所へ出かける方は、ウインドスラブに注意してください。藪も埋まりつつあり、滑走できる斜面も増えてきていますが、積雪の下に何が隠れているだろう?と考えることを忘れずに。年末からのまとまった降雪はありましたが、水が流れている沢や形成したグライドクラックが隠れているところは、危険な地形の罠となっています。地形を上手に使ったグループマネジメントで良い一日を。