妙高 Myoko

210103 06:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ストームスラブ Storm slab

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(1月2日)はスキー場の安全管理にてサイズ1の雪崩が発生しています。

積雪 Snowpack

昨日の日中の降雪は、比較的に風が弱い状態で夕方まで続き、森林帯で30cm程度の量となりました。31日夜半から1日昼にかけての新雪は、森林帯では焼結を進めていることが観察されており、極端な形状の地形以外では反応が鈍くなってきています。

天候 Weather

気象庁は上越地方に対し、北西の風、後、西の風、やや強く雪、最高気温1℃(標高13m)を予報。妙高笹ヶ峰(標高1310m)にて、気温-9℃(6時現在)、過去24時間で5cmの降雪がありました。

行動への助言

標高を上げる方は、まとまった降雪によるスラブの形成に注意してください。誘発しやすい凸状や孤立した地形などを避けつつ、地形が積雪を支えやすい斜面を探してください。小さい雪崩でも重大な結末となる「地形の罠」が下方にないか、よく斜面を観察してください。また、標高の低いところでは、グライドクラックが降雪で埋もれてわかりずらくなっていますし、スノーブリッジもまだ十分ではありません。雪は良いコンディションにありますので、安全な地形を選べば楽しい滑走が可能です。地形を上手に使ったグループ・マネジメントで良い一日を。