妙高 Myoko

200331 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Low
森林限界 Treeline Fair 日中の昇温と日射の影響に留意
森林帯 Below Treeline Fair 日中の昇温と日射の影響に留意

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ストームスラブ Storm slab

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

湿雪点発生雪崩 Wet Loose snow

日中の昇温と日射の影響に留意

概要

雪崩 Avalanche

昨日(30日)は、日中の昇温に伴い、多数の濡れた雪の点発生雪崩(サイズ1)が観察されました。標高の高い場所での報告は入っていませんが、隣の白馬エリアでは多数の面発生雪崩(サイズ1.5-2.5)などが観察されています。

積雪 Snowpack

荒天の雪は昇温と日射で急速に沈降を進めており、不安定性も解消の方向に向かっています。ハイアルパインにおける北~東側の斜面コンディションには不確実性があり、積雪はまだ十分に強度を上げていない可能性があります。

天候 Weather

気象庁は新潟県上越地方に対し、北の風、晴れ、夜、くもり、最高気温17℃(標高13 m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1,310 m)にて気温-2℃(5時現在)、過去36時間で新たな降雪はありません。

行動への助言

標高の低いところでは昨日以上の昇温が予報されています。日中の表層の雪の変化に注意してください。一方、ハイアルパインにおいては、まだ不安定性が局所に残っている可能性があります。日陰や風下側となる孤立した地形には十分、注意してください。安全な場所を上手に使ったグループマネジメントを忘れずに。その行動様式の習慣化が、万が一の時の事故を小さくします。本日にて、2019/20シーズンの雪崩情報を終了致します。ご利用頂きましてありがとうございました。