妙高 Myoko

200317 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Low
森林限界 Treeline Low
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ストームスラブ Storm slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(16日)は荒天のため、真新しい雪崩の発生報告は入っていません。

積雪 Snowpack

情報が不足しており、不確実性が高い状態ですが、隣接する白馬山域で15日に複数の雪崩を発生させている14日の降雪による不安定性は妙高山域にも存在しており、それは、まだ完全に解消していないと考える必要があります。また、その不安定性は北側を中心にバラついて存在しており、さらに、その上に昨日の大量の降雪が載っていますので、ピットを一つ掘ったからといって的確に捕まえるのはかなり難しい状態です。

天候 Weather

気象庁は新潟県上越地方に対し、西の風、後、やや強く、晴れ、夜、雨、最高気温14℃(標高13 m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1,310 m)にて気温-11℃(5時現在)、過去24時間で38 cmの降雪がありました。

行動への助言

危険な雪崩コンディションです。14日からの一連の降雪の中で規模の大きな雪崩が発生しうるポテンシャルがあります。風の影響のない、斜度が緩く、地形が積雪を支えるようなシンプルな形状の斜面を探してください。雪はよく冷えていますので、斜度を落としても、十分に楽しめるはずです。また、樹林帯であっても、急峻な沢状地形は避けることや、昨日のまとまった降雪が沢底の穴などを隠している可能性を忘れないようにしてください。昇温が予報されていますので、日中の雪の変化に気をつけつつ、安全な地形を使った原則的なグループマネジメントで、良い一日を。