妙高 Myoko

200311 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Low 降雪に不確実性
森林限界 Treeline Low
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

全層雪崩 Glide slab

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

湿雪点発生雪崩 Wet Loose snow

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ストームスラブ Storm slab

明け方からの降雪による

概要

雪崩 Avalanche

昨日(10日)は降雨となったため、山に入る人がいなかったため、真新しい雪崩の発生報告は入っていません。標高の低いところで、雪ブロックの崩落などは報告されています。

積雪 Snowpack

山麓では昨日から継続して降雨を観測しており、全層雪崩の危険が高い状態です。一方、明け方から気温がやや下がり、標高の高いところでは降雪となっている模様です。

天候 Weather

気象庁は新潟県上越地方に対し、西の風やや強く、雨、昼前から、くもり、最高気温14℃(標高13 m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1,310 m)にて気温1℃(5時現在)、過去24時間で新たな降雪はありません。

行動への助言

標高帯で異なった雪崩の危険があります。森林帯では昨日からの降雨と高温の影響による濡れた雪の点発生、あるいは全層雪崩に警戒してください。濡れた雪の点発生雪崩は、傾斜が十分に急であれば、林間でも発生します。樹林帯内にある沢状の走路となりうる場所に注意してください。一方、高い標高では明け方からの新雪で形成したストームスラブの危険があります。現時点で降雪量は多くないようですが、以前の雪面との結合状態に注意してください。