白馬 Hakuba

200226 05:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ストームスラブ Storm slab

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

乾雪点発生雪崩 Dry Loose snow

概要

雪崩 Avalanche

昨日(25日)は森林限界付近にて面発生雪崩(サイズ1.5)が観察されています。

積雪 Snowpack

森林帯上部では、昨日の午後から本日未明までに20-30 cm程度の降雪がありました。この新雪は日射や昇温の影響が強い、あるいは風に叩かれる斜面では融解凍結層の上に載っています。現時点で、この境界面についての詳細な情報はありません。

天候 Weather

気象庁は長野県北部に対し、北の風、くもり、夜、雨か雪、最高気温8℃(標高400 m)を予報しています。白馬山麓(標高700 m)にて気温0.0℃(5時現在)です。標高1300 m付近にて、過去12時間で25 cm程度の降雪がありました。風は夜間を通して弱い状態でした。

行動への助言

危険な雪崩コンディションです。新たな降雪による柔らかいスラブによる危険があります。ラッセルし、歩いている感覚ではスラブを感じにくいかも知れませんが、警戒を緩めないようにしてください。そして、発生する雪崩が小さくとも、深い沢や斜面の先に崖や障害物(樹林や岩など)がある「地形の罠」があれば、致命的な状況となります。孤立した凸状地形や狭いシュートなどは避けるように。そして、安全な場所で待機する、一人ずつ滑走するなどの原則的な行動様式を大切にしてください。