妙高 Myoko

200217 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Low
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

全層雪崩 Glide slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(16日)は降雨のため山に入る人が極めて限定的であったので、山岳での雪崩発生報告は入っていません。

積雪 Snowpack

標高の低いところは4日連続でプラスの気温となっており、そこに降雨が加わりました。結果、グライドクラックの拡大などの観察もされており、融雪も進んでいます。白馬山域に比べ、降雨量は少なかったのですが、標高の高いところの状態は情報が乏しく、不確実性の高い状況です。

天候 Weather

気象庁は新潟県上越地方に対し、西の風やや強く、くもり、夜、雨か雪、最高気温12℃(標高13 m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1,310 m)にて気温0℃(5時現在)です。妙高山麓にて、昨日から本日未明にかけて12 mmの降雨がありました。

行動への助言

本日は春の融雪期と同じと考えてください。降雨が止まっても、未明までのまとまった降雨が、積雪内部で融解水となって流れ、積雪の強度を低下させています。雨が止まった後、時間が経ってから全層雪崩が発生することは、ごく普通にあります。雪シワが入っている、あるいはグライドクラックがある斜面には近づかず、その下方を通過しなければならない時は、間隔を開けて素早く移動するなど、原則的な行動様式でお願いします。