妙高 Myoko

200131 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair 森林帯下部はLow

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ストームスラブ Storm slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(30日)は山に入る人が限定的であったため、真新しい雪崩の観察報告は入っていません。

積雪 Snowpack

久々のまとまった降雪となりました。旧雪と新雪の境界面の結合状態を確認するようにしてください。隣の白馬山域では、その境界面にあられが多数あり、昨日の時点で人的な誘発が発生しています。全体傾向は妙高山域も同じですので、警戒が必要です。

天候 Weather

気象庁は新潟県上越地方に対し、北西の風、やや強く、雪か雨、最高気温7℃(標高13 m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1,310 m)にて気温-5℃(5時現在)、過去12時間で28 cmの降雪がありました。

行動への助言

標高が高く、風の影響が強い場所ほど危険度が高いコンディションです。ウインドスラブが形成している場所、さらに地形が積雪を支えにくい凸状や孤立した形状のところを避けるようにしてください。少雪のシーズンのため、まだ本来であれば埋まっている沢などが割れています。今回の降雪によって、それが一見、大丈夫であるかのように隠れている可能性を忘れないでください。