妙高 Myoko

200129 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Low
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

湿雪点発生雪崩 Wet Loose snow

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(28日)は山に入った人が限定的なため雪崩の観察報告は入っていません。標高の低いところで雪ブロックの崩落が報告されています。

積雪 Snowpack

昨朝(28日)までの降雪量は限定的で、その新雪も日中の昇温では濡れた状態となりました。森林帯は融雪期の状態となっています。

天候 Weather

気象庁は新潟県上越地方に対し、南の風、後、西の風やや強く、雨、昼過ぎから、くもり、最高気温11℃(標高13 m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1,310 m)にて気温2℃(5時現在)です。

行動への助言

昨日から高い気温が続いており、濡れた雪の雪崩に注意してください。濡れた雪は極めて重いため簡単に人を転倒させ、流します。よって、そこが樹林のある急斜面であれば、木への激突を招き、重大な結末となります。なぜなら、その雪の重みによる衝撃も一緒に人が木に当たった時に受け止めることになるからです。降雨が止まっても、濡れた雪の雪崩の危険は継続していると考えてください。