妙高 Myoko

200128 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(27日)は真新しい雪崩の観察報告は入っていません。

積雪 Snowpack

日射と昇温の影響が強い斜面には融解凍結クラスト、北を中心にした斜面では放射による再結晶化した雪があり、そこに未明からの降雪が載っています。融解凍結クラストの上に載る雪は、発生した際に足の長い(長い距離流れる)雪崩となる傾向があります。一方、再結晶化した雪による不安定性は今後も残る可能性があります。

天候 Weather

気象庁は新潟県上越地方に対し、南の風、強く、所により朝まで雨、最高気温13℃(標高13 m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1,310 m)にて気温-2℃(5時現在)、過去12時間で6 cm程度の降雪がありました。

行動への助言

強い南風によって形成したウインドスラブに警戒してください。降雪量は多くありませんが、例年に比べ、積雪がとても少ないため地形の罠が多数存在します。発生した雪崩が小さくとも、そのような地形に流されれば、重大な結末となります。慎重なルート設定とグループマネジメントが大切です。今後の降雪量など気象変化に気をつけて行動してください。