妙高 Myoko

200123 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

湿雪点発生雪崩 Wet Loose snow

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(22日)は標高1,300 m付近の南斜面にて、自然発生の全層雪崩が観察されました。また、標高が低いところにおいて、濡れた雪の点発生雪崩(サイズ1)も複数観察されました。

積雪 Snowpack

21日未明からの降雪は森林限界付近で50-60 cmありましたが、昨日(22日)の好天で急速に沈降を進めました。20日の好天で形成した融解凍結層との結合が、まだ十分でない箇所があることが昨日観察されていますので、標高の高いところでは引き続き注意が必要です。

天候 Weather

気象庁は新潟県上越地方に対し、南の風、日中、北の風、くもり、昼前から雨、最高気温10℃(標高13 m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1,310 m)にて気温1℃(5時現在)、過去12時間で新たな降雪はありません。

行動への助言

森林限界から標高が高いところでは局所に残る不安定性に気をつけてください。地形が積雪を支えない孤立した形状とウインドスラブの組み合わせに警戒が必要です。そこに「地形の罠」が組み合わさると、小さい雪崩も重大な結末となります。本日は、昇温と降雨が予報されています。凍結硬度(雨と雪の境目)の上と下では、コンディションが大きく変わります。気象状況に注意を払ってください。森林帯はまだ藪が非常に濃く、沢も埋まっていません。