妙高 Myoko

190402 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Low
森林限界 Treeline Low
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ストームスラブ Storm slab

森林帯は上部のみ

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(1日)は、標高が低い区域でサイズ1の濡れた雪の雪崩が観察されています。

積雪 Snowpack

森林帯上部から標高が高いところで今朝までに20cm以上の降雪が加わっています。上空の風向は北西に変わっており、標高が高いところほど、その影響を考えるようにしてください。

天候 Weather

気象庁は新潟県上越地方に対し、西の風、後、北西の風、やや強く、雪か雨、時々、くもり、最高気温7℃(標高13m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1310m)にて気温-8℃(4時45分現在)、過去12時間で20cmの降雪がありました。

行動への助言

森林帯上部より標高が高いところでは、新たに形成したストームスラブあるいはウインドスラブに注意してください。積雪が不安定になりやすい孤立した地形や極端な凸状の場所を避け、シンプルな地形を探してください。天気の進行が遅く、まだ、一番強い寒気が降りてきていません。これから夜に向けて、再び、まとまった降雪の予報がでていますので、それを考慮したツアー計画をお願いします。