妙高 Myoko

190331 06:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Low
森林限界 Treeline Low
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

全層雪崩 Glide slab

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ストームスラブ Storm slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(30日)は森林帯にて雪ブロック(size 2)の崩落が観察報告されています。

積雪 Snowpack

昨日は標高が低いところでは降雨となり、森林限界付近から上部では弱い降雪となりました。また、その後も比較的高い気温が今朝まで継続していますので、標高の引くところの積雪は強度が下がっています。

天候 Weather

気象庁は新潟県上越地方に対し、西の風強く、後、北西の風、くもり、時々、雨か雪、最高気温13℃(標高13m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1310m)にて気温-1℃(5時45分現在)、過去12時間で9cmの降雪がありました。

行動への助言

標高が高いところでは、新たな降雪で形成されたスラブに注意してください。南から南西の風が入ってきていますので、風下側にあたる北側で特に注意が必要です。孤立した地形や極端な凸状地形など、積雪が不安定になりやすいところは避けるようにしてください。また、昨日から高い気温で推移し、降雨もありました。麓に近いところでは全層雪崩の危険が継続していますので、落ち残りの雪ブロックも含め、自分の上方の斜面に注意を払ってください。