雪崩情報 Avalanche Information

雪崩情報の使い方

妙高 Myoko

190315 06:30

雪崩危険度と傾向 Avalanche Danger Rating and Trend

標高帯 Elevation 信頼度 Confidence コメント Comments
アルパイン Alpine Low
森林限界 Treeline Low
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ストームスラブ Storm slab

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

概要 Summary

雪崩 Avalanche

昨日(14日)は、森林帯にてサイズ1-1.5の自然発生の雪崩、あるいはワッフ音が観察報告されています。また、隣接する白馬山域では、人的な刺激でサイズ1-2の面発生雪崩も発生しています。

積雪 Snowpack

13日から14日昼にかけてのまとまった降雪は、森林帯にて50cm程度に達しています。昨日は強い西風によって、雪は激しく移動しています。今回の荒天の雪の下層には、低密度の雪があり、昨日、スキーパトロールからワッフ音の報告もありました。この脆弱性は、まだ、解消していないと考えて行動することが必要です。

天候 Weather

気象庁は新潟県上越地方に対し、南の風、後、北の風、くもり、昼前から昼過ぎ、晴れ、最高気温12℃(標高13m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1310m)にて気温-8℃(5時45分現在)、過去12時間で新たな降雪はありませn。

行動と地形の助言 Travel and Terrain Advice

特定の地形で雪崩コンディションが高い日です。今回のまとまった降雪の不安定性は、まだ、十分に解消していないと考えてください。特に注意すべき地形は、西風によってウインドスラブが形成している場所と、北側のとても急な斜面です。孤立した地形や凸状地形を避け、シンプルな斜面を探してください。どのような不安定性が存在するにせよ、斜度を落とすことは、最も有効な安全対策です。よりドライな雪を求めて北側斜面に入る方は、斜度に敏感になってください。28度と35度では、雪崩の発生可能性がまったく異なります。風の影響が弱く、「地形の罠」のない斜面であれば、ドライな雪を安全に楽しめるはずです。良い一日を。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。If you observe important information that indicates instability, such as a new avalanche, please send us the information using the "Information Posting Form" or "Email". Your cooperation will help us to improve the avalanche bulletin. Thank you.