妙高 Myoko

190305 06:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Low
森林限界 Treeline Low
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

全層雪崩 Glide slab

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ストームスラブ Storm slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(4日)は天候が悪く、山に入る人が極めて限定的であったため、真新しい雪崩の発生報告はありません。

積雪 Snowpack

昨日(4日)は、標高の低いところでは降雨となりましたが、標高が高いところでは降雪となっています。この新雪と旧雪との境界面の結合状態について、情報が不足しており、不確実性が高い状態ですが、隣接する白馬エリアでは、不安定性が観察されており、妙高山域でも注意が必要な状況です。特に、標高を上げた北側で、再結晶化した雪面に新雪が載っていることが推定されており、現場での状況確認が必要です。

天候 Weather

気象庁は新潟県上越地方に対し、南の風、日中、北西の風、くもり、昼前から、晴れ、最高気温12℃(標高13m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1310m)にて気温-4℃(4時45分現在)、過去24時間で9cmの降雪がありました。

行動への助言

森林帯上部より標高が高いところでは、昨日の新雪と旧雪の境界面の状態に注意を払ってください。今日は、その境界面の安定性が、斜面方位や標高によるバラツキが生じやすい状態になっています。特に、標高が高い、北側の斜面では、不安定性が継続する可能性がありますので、斜度を落としたり、小さい斜面で積雪状態の確認をしてください。孤立した地形や、下方に「地形の罠」がある斜面を避けるように。良い一日を。