妙高 Myoko

190303 06:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

全層雪崩 Glide slab

標高の低い区域で日中の昇温に注意

概要

雪崩 Avalanche

昨日(2日)は、森林帯の標高が低い区域で、サイズ1の濡れた雪の点発生雪崩が観察されました。また、隣接する山域では南面にて、自然発生の全層雪崩も観察報告されています。

積雪 Snowpack

標高が低いところでは、積雪表層は硬く凍結しており、日中には、それが日射と昇温と融解し、点発生雪崩などを起こしています。一方、標高を上げ、日射の影響のない斜面では、まだ、ドライな雪が保たれています。また、風と日射の影響が強い場所では、硬い融解凍結層が露出しています。

天候 Weather

気象庁は新潟県上越地方に対し、南の風、日中、北の風、晴れ、昼過ぎからくもり、日中の最高気温14℃(標高13m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1310m)にて気温-3℃(4時45分現在)、過去12時間で降雪はありません。

行動への助言

標高の低いところでは全層雪崩に注意してください。快晴にならなくとも、昨日以上の昇温が予報されていますので、その影響を強く受けやすい標高が低いところでは、積雪底面での融解が進み、全層雪崩の危険が継続します。グライドクラックの入った斜面に入らない、近づかないようにしてください。また、落ち残りの雪ブロックにも注意が必要です。ツアーの終盤、標高を下げ、沢状地形を移動する際は、その両側にある不安定な雪に警戒してください。標高の高いところでは、硬い融解凍結層が露出しているところも多くあります。滑落に注意してください。天気はゆっくりと下り坂です。良い一日を。