妙高 Myoko

190301 06:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Low
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

全層雪崩 Glide slab

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ストームスラブ Storm slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(28日)は天候状態が悪いこともあり、山岳での真新しい雪崩の発生報告は入っていません

積雪 Snowpack

山麓では昨日から今朝まで継続してプラスの気温となっており、融雪が進んでいます。一方、標高1900m付近では昨日は5cm程度の降雪がありました。気温が高いため、この降雪による雪は標高が低いところでは濡れたものとなっていますが、標高が高いところの状態は不確実性が高い状況です。

天候 Weather

気象庁は新潟県上越地方に対し、西の風、くもり、所により、夕方まで雨、最高気温11℃(標高13m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1319m)にて気温-1℃(4時45分現在)、過去24時間で1cmの降雪がありました。

行動への助言

標高が低くところではグライドクラックの入った斜面での全層雪崩の危険が継続しています。発生の可能性が低くとも、もし、発生した場合、その雪は濡れて極めて重いため、小さくとも重大な被害をもたらします。グライドクラックの入った斜面に入らない、近づかないようにしてください。また、昨日、標高が高いところでは降雪が少しありました。行動しながら、降雪量や以前の雪との境界面の結合状態に注意を払ってください。硬い融解凍結層が露出しているところも多いので、滑落にも警戒を。