妙高 Myoko

190227 06:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Good
森林限界 Treeline Good
森林帯 Below Treeline Good

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

全層雪崩 Glide slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(26日)は、標高600m付近にて、サイズ1.5の全層雪崩が観察報告されています。この全層雪崩は、25日夜間から26日朝までの間に発生したと推察されています。

積雪 Snowpack

標高が高く、日射の影響のない斜面では、まだ雪はドライに保たれていますが、硬く凍結した斜面も多く、滑落への細心の注意が必要です。森林帯の積雪は、日中の昇温と日射で融け、夜間に凍結する春の「融解凍結サイクル」に入っています。雪面は凍結していても、内部では等温となり、濡れている層も広がり、グライドクラックも拡大してきています。

天候 Weather

気象庁は新潟県上越地方に対し、南の風、後、北の風、くもり、最高気温8℃(標高13m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1310m)にて気温-8℃(4時45分現在)、過去48時間、新たな降雪はありません。

行動への助言

標高が低いところでは、グライドクラックの入った斜面の全層雪崩、あるいは落ち残りの雪ブロックの崩落に警戒してください。継続する好天による昇温と日射の影響で融雪が進んでいます。また、標高を上げると、硬い融解凍結層があちこちで露出しており、滑落への最大の注意が必要な状況です。昨日は隣接する白馬山域で滑落による事案が発生しています。雪面が緩む、時間帯と斜面を選ぶことが、安全対策には重要です。良い一日を。