妙高 Myoko

190225 06:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair 昇温と日射の影響で日中に危険度は上昇
森林帯 Below Treeline Fair 昇温と日射の影響で日中に危険度は上昇

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

湿雪点発生雪崩 Wet Loose snow

昇温と日射の影響を強く受ける急斜面で日中に危険度は上昇

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

全層雪崩 Glide slab

昇温と日射の影響が強い日中に危険度は上昇

概要

雪崩 Avalanche

昨日(24日)は、サイズ1の濡れた雪の点発生雪崩が、人的あるいは自然発生の両方で多数、観察報告されました。

積雪 Snowpack

森林帯の積雪は、春の融解凍結サイクルに入っており、グライドクラックも拡大しています。結果、昇温と日射の影響を強く受ける急斜面では、昨日は多数の点発生雪崩が観察されました。一方、標高が高いところの北側では、雪はまだドライに保たれていますが、その下層には硬く凍結した融解凍結層があります。尾根など風の影響が強いところでは、この硬い融解凍結層が露出しています。

天候 Weather

気象庁は新潟県上越地方に対し、西の風、後、北の風、晴れ、昼前からくもり、所により、夜、雨か雪、最高気温13℃(標高13m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1310m)にて気温-2℃(4時45分現在)、過去12時間で新たな降雪はありません。

行動への助言

本日は、昨日以上の昇温が予報されています。日中の積雪表層のコンディション変化に注意を払ってください。標高が低く、日射と昇温の影響が大きい斜面では、特に積雪状態は大きく変わります。グライドクラックの入った斜面には近づかず、その下を通過しなければならない場合は、間隔を開けつつ、素早く移動するようにしてください。また、濡れた雪は重たいため、小さい点発生雪崩であっても、容易に人を押し流します。良い斜面選択をすれば、朝は硬く凍結しても、日中には快適なザラメ雪の滑走が楽しめるところがあるはずです。良い一日を。