妙高 Myoko

190223 06:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

全層雪崩 Glide slab

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(22日)は、標高の低い、南に面した斜面にて、サイズ1~2の濡れた雪の点発生あるいは面発生の雪崩が多数、観察報告されました。人的な刺激や自然発生など、キッカケも多様でした。

積雪 Snowpack

以前の降雨が形成した融解凍結層があり、標高が低いところでは、昨日は昇温と日射でそれが緩み、積雪内部はまだ十分に濡れていることもあり、点発生雪崩などを発生させていました。一方、標高が高いところでは、融解凍結層は硬く凍結しており、その上にその後の降雪が載っています。この薄い表層の雪は風の影響を強く受け、場所によってかなりバラツキがあります。

天候 Weather

気象庁は新潟県上越地方に対し、北西の風、くもり、所により、朝から夕方、雨か雪、日中の最高気温7℃(標高13m)を予報してます。妙高笹ヶ峰(標高1310m)にて気温-6℃(5時45分現在)、過去12時間で新たな降雪はありません。

行動への助言

標高が低いところではグライドクラックの入った場所には近づかないようにしてください。また、標高の低いとこの雪庇なども崩落しやすくなっていますので、安全マージンを取った行動をお願いします。一方、標高が高いところでは、孤立した地形局所に形成したウインドスラブと、その下の硬い融解凍結層での転倒・滑落に注意してください。一見、良さそうに見える斜面も、その下には硬いクラストが隠れているところも多くなっています。