妙高 Myoko

190221 06:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

全層雪崩 Glide slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(20日)は標高が低いところで、濡れた雪の点発生雪崩が複数観察報告されています。

積雪 Snowpack

19日~20日にかけての降雨によって、積雪表層は濡れ、その後の気温低下によって凍結あるいは硬く締まっています。標高の高い一部では、昨夕からの強い西風で表層の雪が動き、風下側にウインドスラブを形成しています。

天候 Weather

気象庁は新潟県上越地方に対し、西の風、はじめやや強く、くもり、夕方まで時々、雨か雪、最高気温6℃(標高13m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1310m)にて気温-5℃(5時45分現在)、過去12時間で4cmの降雪がありました。

行動への助言

一般的に安全な雪崩コンディションですが、標高が高いところの局所に形成したウインドスラブに注意を払ってください。昨日朝までの降雨と昇温によって、山岳の積雪は硬く凍結しているところが多くなっています。滑落に十分注意してください。また、標高が低いところでは、沢底の状態に注意を払い、グライドクラックの入った斜面からは十分距離を取るようにしてください。