妙高 Myoko

190220 07:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

全層雪崩 Glide slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(19日)は森林帯の標高の低い場所で、多数の全層雪崩の観察報告がありました。

積雪 Snowpack

昨日(19日)は、昼前から降雨が始まり、夜半にかけて大幅な昇温もありました。雨は妙高山域のトップまで当たっており、その後の強い西風で標高の高いところの雪面を凍結させています。降雨量は南西に位置する白馬山域ほどは降っていませんが、昇温が著しく、標高の低い区域での積雪の融解とグライドグラックの拡大が進みました。

天候 Weather

気象庁は新潟県上越地方に対し、西の風、やや強く、雨、時々、くもり、最高気温10℃(標高13m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1310m)にて気温2℃(6時15分現在)です。

行動への助言

標高が低い場所では「全層雪崩」に注意してください。グライドクラックが入った場所に近づかないようにし、その下方等を通過しなければならない時は、間隔を開け、素早く移動するなどの原則的な行動様式を。ルート設定も、ツアーの後半に、グライドクラックが入った、狭い谷筋などを通過するようなものは避けることを考えてください。昇温が予報されており、日中は悪い状況が続きます。一方、標高が高い場所では「滑落」にご注意ください。パウダーは一切ありませんが、これも、また、山の一日です。