妙高 Myoko

190218 07:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair 日中の昇温と日射に留意

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

湿雪点発生雪崩 Wet Loose snow

日中の昇温と日射に留意

概要

雪崩 Avalanche

昨日(17日)は、雪庇を人的に落とすことでサイズ1.5の面発生雪崩が起きています。また、近隣山域で、人的誘発に因るサイズ2の雪崩の発生報告がありました。

積雪 Snowpack

以前の荒天の雪はゆっくりと焼結を進めており、特に、日射と昇温の影響が強い斜面では、それが進み、昨日午後には濡れた雪の点発生雪崩などを起こしていました。積雪中層以上には、顕著な脆弱性は観察されていませんが、孤立した地形など局所では、まだ以前の荒天の不安定性が残っていると考える必要があります。

天候 Weather

気象庁は新潟県上越地方に対し、南の風、日中、北の風、晴れ、最高気温9℃(標高13m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1310m)にて気温-5℃、過去12時間で新たな降雪はありません。

行動への助言

雪崩危険度1(低い・Low)は、雪崩が発生しない、ではありません。孤立した地形など、周囲よりも積雪不安定になりやすい局所では、雪崩は発生しうると考えてください。実際、雪崩危険度区分では、そのような定義となっています。全体状況は、前日と同じ傾向にあり、標高を上げた場所では局所に残るウインドスラブの不安定性に注意してください。また、本日は昇温が予報されており、それによる積雪状態の変化に注意する必要があります。