妙高 Myoko

190217 07:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(16日)は、真新しい雪崩は観察報告されていません。

積雪 Snowpack

昨日の低気圧通過に伴う昇温と降雨は標高700m以下の一部の区域に留まり、それ以外の場所においては、それ以前から続く、弱い冬型の降雪によるソフトなスラブが形成しています。降雪は、妙高山域の北側でまだ弱く続いており、過去24時間で20cm程度の量となっています。

天候 Weather

気象庁は新潟県上越地方に対し、西の風、くもり、昼過ぎまで時々、雪か雨、最高気温5℃(標高13m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1310m)にて気温-8℃(5時45分現在)、過去12時間で5cmの降雪を観察しています。

行動への助言

森林限界から上部では、西風によって形成したウインドスラブに警戒してください。そのウインドスラブの下には、前日までの比較的低密度な乾いた雪がありますので、積雪の不安定性が高まる「逆構造」という状態になっている可能性があります。孤立したあるいは凸状の安全な小さい地形で、スキーカットなどをすることで、積雪の状態を確認してください。経験が浅い方は、斜度を落とし、シンプルな地形を探すようにしてください。雪は良い状態ですので、十分楽しめるはずです。一人ずつ滑り、滑走したら安全地帯(雪崩地形から外れる)へ、という原則的な行動様式を忘れずに。適切なグループマネジメントがインシデントを小さくします。良い一日を。