妙高 Myoko

190210 06:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ストームスラブ Storm slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(9日)は真新しい雪崩が発生したことの観察報告はありませんでした。

積雪 Snowpack

7日午後からの降雨の影響は標高1000m以下で顕著で、9日の日中の時点で、その後の降雪(10-20cm程度)が旧雪面の上に載っていました。そして、9日午後から強まった降雪は、今朝までに30cm程度となっており、西風の影響を受けながら堆積しています。

天候 Weather

妙高笹ヶ峰(標高1310m)にて気温-10℃(4時45分現在)、過去12時間で27cm、過去24時間で36cmの降雪量となっています。新潟地方気象台は10日4時18分、妙高市に対し大雪注意報(12時間で最大降雪量30cm)を12時までの期間で継続発表しています。また、気象庁は、新潟県上越地方に対し、西の風やや強く、雪、昼過ぎから時々、くもり、最高気温2℃(標高13m)を予報しています。

行動への助言

危険な雪崩コンディションです。たとえ森林帯にいても、林間内にある雪崩発生区や走路となるところに注意を払ってください。保守的なルート選択と慎重な意思決定が不可欠です。標高が低くても、大きな開放斜面は規模の大きな雪崩が発生しうるポテンシャルがあります。斜度を落とし、小さい斜面から一日を始めてください。経験が浅いグループは、スキー場内で新雪を楽しむのが良い選択肢です。その際は、滑走可能区域を必ず守るようにしてください。