妙高 Myoko

190209 05:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Good

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ストームスラブ Storm slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(8日)は、風の影響のない急斜面で、人的な刺激で発生したサイズ1の点発生雪崩の報告があります。

積雪 Snowpack

7日午後からの降雨の影響は標高1000m以下で顕著で、その後の降雪(10-20cm程度)が旧雪面に載っています。低温のため、雪の状態は良く、北側の風の影響のない急斜面では小さい点発生雪崩などを発生させています。森林限界から上部では、昨日から強い西風が吹いており、風下側にウインドスラブが形成しています。

天候 Weather

気象庁は新潟県上越地方に対し、南の風、日中、北の風、くもり、夕方から雪、最高気温2℃(標高13m)を予報してます。妙高笹ヶ峰(標高1310m)にて気温-13℃(3時45分現在)、過去12時間での新たな降雪はありません。

行動への助言

特定の地形で雪崩コンディションの高い日です。最近の降雪は南西寄りの風で移動しており、風下側にウインドスラブが形成しています。移動可能な雪があり、そこに中程度(風速7-11m/s)の風が継続的に吹けば、ウインドスラブは素早く形成していきます。日中のコンディションの変化に注意を払ってください。孤立した地形、凸状斜面、支尾根の側面など地形的に積雪を支えにくい場所などを避け、風の影響が弱いシンプルな地形を選べば、快適な滑走が楽しめるでしょう。また、滑りたい斜面の先に「地形の罠」がないかも確認してください。良い一日を。