妙高 Myoko

190203 07:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(2日)は真新しい雪崩の観察報告は入っていません。

積雪 Snowpack

1日にあった30cm程度の降雪は、昨日(2日)には不安定性を解消しつつあり、人の刺激に明瞭に反応しません。そして、標高が高いところでは、西風よるウインドスラブが形成しました。

天候 Weather

気象庁は新潟県上越地方に対し、南の風、後、やや強く、晴れ、後、くもり、夕方から雨、最高気温11℃(標高13m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1310m)にて過去24時間で新たな降雪はありません。気温-9℃(5時45分現在)です。

行動への助言

特定の地形で雪崩コンディションが高い日です。積雪が不安定性になりやすい局所(凸状地形、孤立した地形、支尾根側面、極端な斜度変化をする場所など)に残っているスラブの危険を回避してください。また、小さい雪崩でも重大な被害となる「地形の罠」が、滑りたい斜面の先にないか、考えてください。雪崩走路の中にある立木(ブッシュも)は、外傷の危険だけでなく、それへの衝突が窒息を早める原因にもなっています。天気はゆっくり下り坂です。日中の風向の変化と雪の移動に気をつけてください。良い一日を。