妙高 Myoko

190202 06:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Low
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ストームスラブ Storm slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(2月1日)は、未明からの降雪で形成したストームスラブが急斜面にて敏感に反応し、多数のサイズ1の雪崩を起こしていました。

積雪 Snowpack

昨日の時点では、森林帯において、南寄りの斜面では融解凍結層、北寄り斜面では締まった旧雪の上に、未明からの降雪による25-35cmのソフトスラブを形成しており、人の刺激に反応していました。弱層は、振り始めの頃の低密度な雪あるいはウイークインターフェイスでした。この表層の雪はゆっくりと沈降を進めています。

天候 Weather

気象庁は新潟県上越地方に対し、西の風、やや強く、後、南西の風、雪か雨、昼前から、くもり、最高気温8℃(標高13m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1310m)にて過去12時間の降雪は1 cm、気温-5℃(5時45分現在)です。

行動への助言

特定の地形で雪崩コンディションが高い日です。孤立した地形や支尾根側面の下支えのない地形、大きな凸状斜面など、他の場所よりも積雪が不安定になりやすい地形に形成しているスラブに警戒してください。また、小さい雪崩でも甚大な被害をもたらす「地形の罠」が滑走したい斜面の先にないか、よく考えてください。一人ずつ滑走するなど、原則的な行動様式を大切に。