妙高 Myoko

190128 06:30

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Low
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(27日)は、森林帯の極端な地形でサイズ1.5の面発生雪崩が観察報告されています。

積雪 Snowpack

25日から26日までのまとまった雪は、その後の強い北西風で移動し、ウインドスラブを形成しています。近接する白馬エリアでは、その不安定性が顕著に報告されていますので、標高が高い場所では同様の傾向にある、と考えることが必要です。積雪の安定化は北側ではゆっくり進みますので、まだ局所には不安定な雪が残っていると考えてください。

天候 Weather

気象庁は新潟県上越地方に対し、南の風、後、北西の風、強く、くもり、昼過ぎから雨か雪、最高気温9℃(標高13m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1310m)にて、気温-5℃(5時45分現在)、過去12時間で新たな降雪はありません。

行動への助言

特定の地形で雪崩コンディションが高い日です。ウインドスラブの危険が継続しています。南西寄りの風が入りつつありますので、昨日とは異なった位置に形成した新しいウインドスラブに特に注意してください。孤立した地形を避け、小さな雪崩でも重大な結末となる「地形の罠」が斜面下方にないか、考えてください。風の影響のない、傾斜を落とした斜面であれば、安全にドライな雪が楽しめます。斜面選択に最大の注意を。この後、前線が通過し、夜には強い冬型となり、再び、まとまった降雪が予報されています。ツアーの全体行程にそれを加味してください。