白馬 Hakuba

210114 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Alpine Fair
森林限界 Treeline Fair
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

ウインドスラブ Wind slab

概要

雪崩 Avalanche

昨日(1月13日)は、風の影響のない急斜面でsize 1の点発生雪崩、稜線付近の風の影響のある場所でウインドスラブあるいは雪庇崩落をキッカケとするsize 1-2の雪崩が観察されました。

積雪 Snowpack

荒天の雪は順調に沈降し、積雪表層の低密度の雪が風で移動し、スラブを形成しています。昨日、主稜線では、西から南西の風で雪煙が上がり(風速20m/s以上)、激しく雪が移動しています。本日も同様の風が入っていますので、標高を上げる方はスラブの形成に注意を払ってください。

天候 Weather

気象庁は長野県北部に対し、北の風、くもり、時々、晴れ、所により昼前から夕方、雪か雨、最高気温9℃(標高418m)を予報。アメダス白馬(標高703m)にて気温-4.3℃(5時現在)、過去12時間で新たな降雪はありません。

行動への助言

特定の地形で雪崩コンディションが高い日です。これまでに降った、風の影響の弱い乾いた低密度な雪が、西~南西の風で移動し、ウインドスラブを形成しています。積雪が安定している斜面のすぐ横に、危険なウインドスラブが存在するような日です。登行しながら、周囲をよく観察し、風の影響を探してください。アルパインの大きな地形では、昨日よりも規模の大きな雪崩が発生しうるポテンシャルがあります。地形を上手に使ったグループマネジメントで良い一日を。