雪崩情報 Avalanche Information

雪崩情報の使い方

妙高 Myoko

190322 06:30

雪崩危険度と傾向 Avalanche Danger Rating and Trend

標高帯 Elevation 信頼度 Confidence コメント Comments
アルパイン Alpine Low
森林限界 Treeline Low
森林帯 Below Treeline Fair

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

全層雪崩 Glide slab

留意すべき雪崩 Avalanche Problem

点発生湿雪雪崩 Wet Loose snow

概要 Summary

雪崩 Avalanche

昨日(21日)は、サイズ1の濡れた雪の点発生雪崩が観察されています。

積雪 Snowpack

昨日(21日)の午前の降雨の量は多くありませんでしたが、その後の昇温と今朝まで高い気温で推移しており、積雪表層~中層までは、かなり濡れた状態となり、強度が低下しています。よって、斜面の利用状況が少ない(つまり、人の滑走で圧縮等がされていない)斜面では、濡れた雪の雪崩が発生しやすい状態となっています。

天候 Weather

気象庁は新潟県上越地方に対し、北西の風、やや強く、後、西の風、雨、夕方から、くもり、最高気温10℃(標高13m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1310m)にて気温4℃(5時45分現在)です。

行動と地形の助言 Travel and Terrain Advice

前日と同様、濡れた雪の雪崩に注意してください。森林限界より標高が低いところでは、斜面方位に関係なく、斜面利用が少ないとても急な斜面では、濡れた雪の雪崩が発生しやすい状態になっています。濡れた雪は重たいため、小さい規模でも容易に人の足元をすくいます。その斜面の下方に崖や樹木、岩といった危険要素があれば、結末は重大なものとなります。グライドクラックも拡大しています。既に雪シワが入った斜面、あるいは落ち残りの雪ブロックがある斜面も十分に警戒してください。日中に融解水が十分に出れば、気温が低下している夕方や夜に全層雪崩が発生することも普通にあります。単純な気温だけで判断しないでください。標高と方位、そして斜面を選べば、快適なザラメ雪の滑走が安全にできるはずです。良い一日を。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。If you observe important information that indicates instability, such as a new avalanche, please send us the information using the "Information Posting Form" or "Email". Your cooperation will help us to improve the avalanche bulletin. Thank you.