雪崩情報

妙高

2023/01/26 06:00

雪崩危険度と傾向

標高帯 信頼度 コメント
アルパイン Fair
森林限界 Fair
森林帯 Fair

留意すべき雪崩

ウインドスラブ Wind slab

標高が高いところは地形ポケットに形成しているもの。森林限界以下では、クロスローディングしている区域で特に警戒。

留意すべき雪崩

ストームスラブ Storm slab

荒天の不安定性が落ち着くには数日掛かります。凸状など地形が積雪を支えない斜面に形成しているスラブに注意を

概要

雪崩

昨日(1月25日)は、スキー場での雪崩管理にてサイズ1の面発生雪崩が観察されています。しかし、暴風雪により、山岳エリアでの情報は入っていません。

積雪

1月24日午前から始まった降雪は50-70 cmに達しており、激しい西寄りの風の影響を受けています。

天候

気象庁は、新潟県上越地方に対し、西の風、後、北の風、やや強く、雪、最高気温4℃(標高13 m)を予報しています。妙高笹ヶ峰(標高1,310m)にて気温-10°(4時45分現在)です。

行動と地形の助言

危険な雪崩コンディションです。風の影響の弱い、傾斜の緩い斜面を選んでください。今回のまとまった雪が落ち着くには、もう少し時間が必要です。行動の際は、自分の上部に大きな発生区がないか、考えてください。森の中は、今回の降雪で「地形の罠」が隠れ、より危険な状態です。沢底に空いていた穴はふさがっていないことを前提に、安全なルートを選んでください。

フィールドで新しい雪崩など、不安定性を示す重要な情報を観察しましたら、 「投稿フォーム」あるいは「メール」で情報をお寄せ下さい。 皆様からのご協力が雪崩情報の向上に寄与します。