TOP > 基本講座

basic course基本講座

knowleadge

雪崩事故の統計は、人が巻き込まれる雪崩のほとんどは、その人の選択の結末であって、偶然の結果ではないことを示しています。これは自然コンディションを理解し、それに合わせた行動がいかに大事であるかを示唆しています。ここでは、雪崩についての基礎的な事柄を簡略的に整理しました。

雪崩の種類

雪崩の種類

雪崩は、積雪の状態で多様な姿を見せますので、発生の仕方や雪の乾き具合などで整理します。ここでは、通常よく利用されている「一般的な区分」と、JANが発表する雪崩情報で用いられている「留意すべき雪崩」について、それぞれ概説します。

Read more

意思決定

意思決定

雪崩事故の9割が、犠牲者あるいはその仲間の誘発による雪崩です。積雪不安定性にかかわる重要な情報を見逃さず、慎重に地形を選び、グループの行動を統制することが、雪崩に遭遇する可能性を低くし、もし事故となった場合でも、その被害を軽減させる鍵となります。

Read more

ロープの向こう側

ロープの向こう側

「管理されていない斜面」に潜む危険についての啓発キャンペーンを行っています。管理されていない斜面とは、スキー場内の「ロープの向こう側」にある立入禁止区域や、スキー場境界線の「ロープの向こう側」に広がる山岳エリアを指します。

Read more

Think SNOW

Think SNOW

「Think SNOW」とは、2005/06シーズンにスタートした、4つの簡単な問いを使うことで、良い行動習慣を身につけるための試みです。Think SNOWのシンプルな問いを使うことで、被害甚大な雪崩事故を防ぐことができるようになるでしょう。

Read more