TOP > 雪崩情報 > 雪崩情報 > 2018年3月30日7時発表

雪崩情報【白馬(Hakuba)】 18/3/30

[ 特定非営利活動法人 日本雪崩ネットワーク(JAN) ]
2018年3月30日7時発表の白馬(Hakuba)の雪崩情報を お知らせします。

Danger Rating雪崩危険度と傾向

信頼度 (confidence):moderate

Avalanche Problem留意すべき雪崩

湿雪 Wet Snow

標高帯

斜面方位

E SE S SW W

誘発の可能性

発生しうる規模

グライドクラックの入った斜面での全層雪崩、落ち残りの雪によるブロック雪崩、濡れた雪による点発生雪崩

Summary概要

雪崩 / Avalanche

昨日(29日)は、濡れた雪による点発生雪崩がスキーカット等で発生している報告があります。

積雪 / Snowpack

連日の昇温と日射で発生した融解水により、森林限界から下方の積雪は十分に濡れています。未明から今朝にかけて、少し冷えましたので、標高を上げると雪面は硬く凍結しています。森林帯上部には、グライドクラックが入っているものの、まだ全層雪崩がでていない斜面が多数あり、注意が必要です。

気象 / Weather

気象庁は北の風、晴れ、最高気温12℃(標高400m)を予報しています。白馬村内、標高700mにて気温1.4℃、標高1840mにて気温-6.6℃、いずれも6時現在です。

Travel Advisory行動への助言

未明からやや冷えたため、標高を上げると雪面は硬く凍結しています。滑落に十分警戒してください。積雪期の山岳遭難において、事故数が最も多いのは滑落になります。雪が緩み始めましたら、濡れた雪の点発生雪崩に注意してください。とても重いため、簡単に足元をすくいます。斜面下方に、もし、地形の罠があれば、結末は重大なものとなります。雪面は凍結していても、森林限界より標高の低いところでは、連日の昇温で融解水が出ています。積雪は下層まで濡れていますので、グライドクラックの入った斜面での全層雪崩の危険は、潜在的に高いまま、とお考えください。