TOP > 雪崩情報 > 雪崩情報 > 2018年3月24日6時発表

雪崩情報【白馬(Hakuba)】 18/3/24

[ 特定非営利活動法人 日本雪崩ネットワーク(JAN) ]
2018年3月24日6時発表の白馬(Hakuba)の雪崩情報を お知らせします。

Danger Rating雪崩危険度と傾向

信頼度 (confidence):moderate

Avalanche Problem留意すべき雪崩

ウインドスラブ Wind Slab

標高帯

斜面方位

N NE E SE S

誘発の可能性

発生しうる規模

最近の降雪が風で移動しスラブを形成。特に、標高が高く、日射の影響のない斜面に留意。

湿雪 Wet Snow

標高帯

斜面方位

E SE S SW W

誘発の可能性

発生しうる規模

昇温と日射の影響による濡れた雪の点発生雪崩、グライドクラックの入った斜面での全層雪崩、あるいは落ち残りの雪によるブロック雪崩

Summary概要

雪崩 / Avalanche

昨日(23日)は、森林限界付近の北東面において、サイズ2の面発生雪崩が人的な刺激で発生しています。

積雪 / Snowpack

標高が高いところでは融解凍結クラストの上に最近の降雪が載っています。標高を下げるに従い、その雪の量は少なく、またその下層は湿り気を持ったあるいは濡れたざらめ雪となっています。森林限界付近では一昨日から、最近の吹雪の雪と旧雪の結合が悪い状態が続いていました。その状況は改善しつつありますが、雪温が全体的に低い、標高の高い北側では、まだ注意が必要です。

気象 / Weather

気象庁は南の風、日中、北の風、晴れ、時々、くもり、最高気温14℃(標高400m)を予報しています。白馬村内、標高700mにて気温-0.5℃、標高1840mにて-4.6℃、いずれも6時現在です。

Travel Advisory行動への助言

特定の地形で雪崩コンディションが高い日です。標高を上げる方は、日射の影響がなく、北~東に面し、ウインドスラブが形成している場所に警戒が必要です。昨日、人的な雪崩を発生させていた不安定性は、そのようなところでは、まだ継続していると考えることが必要です。大きな凸状、あるいは孤立した地形を避け、斜面の下方に「地形の罠」がないか、考えてください。一方、本日は大幅な昇温が予報されています。日射を強く浴びる、標高の低いところでは、その影響を強く受け、雪のコンディションが日中に大きく変わります。ツアーの後半、標高を下げ、麓に近づきつつあっても、常に自分の上方に注意を払うようにしてください。良い一日を。