TOP > 雪崩情報 > 雪崩情報 > 2018年3月18日7時発表

雪崩情報【妙高(Myoko)】 18/3/18

[ 特定非営利活動法人 日本雪崩ネットワーク(JAN) ]
2018年3月18日7時発表の妙高(Myoko)の雪崩情報を お知らせします。

Danger Rating雪崩危険度と傾向

信頼度 (confidence):moderate

Avalanche Problem留意すべき雪崩

湿雪 Wet Snow

標高帯

斜面方位

SE S SW

誘発の可能性

発生しうる規模

昇温と日射による濡れた雪による点発生雪崩あるいはグライドクラックの入った斜面での全層雪崩

Summary概要

雪崩 / Avalanche

昨日(17日)は、標高が低い区域の南西斜面おいて、サイズ3の全層雪崩が観察報告されています。

積雪 / Snowpack

標高の高いところでは、昨日(17日)、5-10cm程度の降雪があり、それが風で移動し、地形的な局所にスラブを形成しています。全体的には以前の昇温と降雨による融解凍結クラストで覆われており、日中にそれが緩むと、快適なざらめ雪の滑走が可能になっています。

気象 / Weather

気象庁は上越地方に対し、南の風、日中、北の風、晴れ、時々、くもり、高田にて最高気温14℃を予報しています。妙高笹ヶ峰、標高1310mにて気温-2℃(6時現在)です。

Travel Advisory行動への助言

本日は大幅な昇温が予報されています。昇温と日射の影響が強い斜面での濡れた雪の雪崩に注意してください。そのような雪崩はとても重たいため、たとえ小さくとも容易に人を流し、怪我をさせます。また、標高の低い区域では、特に、落ち残りの雪によるブロック雪崩や、グライドクラックの入った斜面での全層雪崩に警戒してください。そのような斜面の下方を通過する際は、「適度な間隔を空ける」といった原則的な行動様式を心がけてください。日々、常に、そのような行動様式を続けることが、良い習慣を身につけるために必要ですし、それが、万が一の時に事故を小さくします。良い一日を。